over the rainbow
a0082178_1828116.jpg
凄い大きな虹だった。

交流館でJFEの方と街づくりの話をして、木綿橋交差点にくると、
「おい、おい、スゲーがー。」東の空、北から南にかけて。
「本通街づくりもいいことありますよ。」
「ありゃー、JFEの方角じゃが。株価が上がったんかな。」
そんな馬鹿ばなし、はさておいて、
即交流館の磯部嬢にTEL.
「おい、まー、見てみ。ブチきれいな虹よ。」
うちのスタッフにも、お客様の顔が見れんのなら、せめて、虹でも見てみ。」
「わー、私、小学生の時以来。すごーい。」
磯部さんは友達とパチリ、パチリと記念撮影。

しかし、虹ははかなきもの。10分後にはメタボな感じ。
遅れて、かみさん「わー、すげー。」
「あんた、最初は細くクッキリ型じゃったんよ。」
虹も見る人に合わせたか。

今日も、商い、厳しいことばかり。反町ジャパン級。
虹は良いことがあるよ。虹ははかなき夢のよう。
などいろんなセンテンスを思い浮かべながら。
一時の幸せを喜んだのでございます。星野ジャパンはどうかなー?

備利権さん「OVER THE RAINBOW」でも流してちょうだい。
[PR]
# by yacchany | 2008-08-21 18:28
図書館から北を見る
a0082178_10592940.jpg

[PR]
# by yacchany | 2008-08-13 10:59
この夏を涼しく完成
a0082178_18515389.jpg

[PR]
# by yacchany | 2008-08-06 18:51
試作品完成実験開始
a0082178_1333196.jpg

5日遅れで試作品が完成した。
製作者は「かみさん」
「ブログで7月28日発売と宣言しとるのにから。はよー、作り。」
「そりゃーあんたの勝手じゃが。」

「あーたなー。商売はそんなもんじゃーあるまー。色んな人から、ありゃーできた?と毎日言われるンじゃけー。えかったら全国区よ。」
あるご年輩の女性経営者が話を聞いて、「そりゃー、売れるよ。すぐ作ったら?」
私の話は聞かずとも、それがきいた。
30分で試作完成。

早速、本日11時着装。今2時なので、3時間たった。
その間、最初に野外弁当販売の女性に、「おい、できた。さわってみ?」
「ほんと、ブチ冷たい。どんな?気持ちいい?」
「最高よ。」
次に店に帰ると、ホテルオーナーの奥さんを見かけ、「チョット奥さん触ってみて?」
「マー、おしゃれ。」よし、グー。
銀行への道すがら、備通の若い女性へ。
「わー、冷たい。涼しそう。でも、顔が汗だらけよ。」
背中が冷たい分、顔にきたか。
ラーメン屋の奥さんに言おうとしたが、相手は汗だくでラーメンを作っているのでヤメにした。
ちょうちん屋の奥さんに「奥さん、ここの冷房何度に設定してあるん?」
「28度よ」
「やっぱり、冷房しとるところは、効き目がうすいな。」

帰って、かみさん、「どんな?もう溶けたろう?」
「いや、あと1時間かな。ちょっと、写真に写してー。」
「ちょっと、もう少し薄い布の方がえーけー。待ち。」
「まー、記念すべき第1号じゃけー、写しとき。」
そして、この写真。

しかし、これは外にいる場合が最高。
甲子園とか、北京オリンピックとか、おーおー、小川の順三さんが、スーツ着て汗だくで、おばあさんに握手を求めていた。あの人に試着してもらうか。
「零細商店の主人がこんなものまで作ってくれたのです。○○の無駄はやめさせましょう。」
そんな演説が聞こえてきそうだ。

改良型近々発売予定です。おわり。
おっ、もう溶け出したでー。
[PR]
# by yacchany | 2008-08-05 13:33
この夏はこれ、特許申請前
a0082178_19181373.jpg
こまーしゃる 008

いよいよ、画期的な商品に取り組むこととなった。

商品名 「マイバック、アイスノン」

特徴  背中のうしろにアイスノンを装着する装置

発売理由 世は未曾有の消費不況。
       クーラーのかかってる店や事務所にいては商売にならない。外に営業に出なくてはも        のが売れない時代。そんな、営業マンのために、スーツの下に装着する装置なの        だ。何日か前、TVであるセールスマンがつけていた。
      近所で昼、弁当を売ってる女性に、このものの話をすると、「すぐ、作って。」といわれ      た。商売はどこにネタが転んでいるかもしれない。しかし、暑い。

試験発売日 7月28日
予約受付  7月29日
お値段決定 7月28日

いや、ほんとに、良いと思うので、できたら、このブログで発表します。
まー、男性は、FBIのピストル下げの感覚か、女性になってブラジャーの感覚か。
                                  お楽しみ
[PR]
# by yacchany | 2008-07-24 19:18
ミュージシャンのアナタに
a0082178_1833641.jpg

コマーシャル NO007  by LIFE IN

製品名  チェロを弾く男
サイズ  高さ 15cmくらい
作った国 CHINA
お値段  8800円
その他  ピアノマン バイオリニストなどあり

Q1   チャイナがひっかかるなー?
A1   ごもっともです。もともとはイタリアなのですがね。お手ごろ価格は、今どうしても中国になってしまいます。

Q2   まー、「うなぎ」じゃーないんだから、良しとするか。
A2   今日は土用のうなぎの日、うなぎは国産でいってください。私は中国でいいです。

Q3  音楽好きの友達にお中元代わりに送ってやろうかしら?
A3  いいですねー。今、贈り物は食品が主ですが、あれは、食べてしまって贈ったことを忘れ    てもらいたい気持ち。いつまでも心の友達でありたい方には、こんなのが気がきいてます    かね。 

Q4  2つ買ったら安くしてくれる?
A4  笑顔でこらえてください。贈り物のラッピングはおまかせください。

Q5  ご主人の笑顔だけではダメ。
A5  でも、全員が笑顔したら、銀行やマックの「作り笑い」と同じになっちゃう。

Q6  その友達、ギタリストなんだけど。
A6  はー、チェロはちょっと場違いかな。

  またにするわ。
                                             チョン
[PR]
# by yacchany | 2008-07-23 18:33
夏はこれno2
a0082178_12561654.jpg

ついでのコマーシャルNo6 木綿橋発

商品名 ちょっと上掛け

奥様方に人気の品をついでにパチリ。

完璧にくつろぐ場合は「アッパッパー」
こういうホームウエアーは欧米では「ワンマイルウエアー」といって、
半径1マイルはこんなカジュアルウエアーのほうが気取らなくていいということでしょう。
パリのシャンジェりjゼーを歩いているパリゼンヌはこんな格好。
ドレッシーな服を着ているのは昔の日本人観光客。
話がそれて恐縮。

左のは うすいベージュ色、麻100  ¥31500-
右のは うすい黄色 綿100      ¥29400- 
                          いづれも、今人気、石見銀山群言堂 の製品
お問い合わせはこの下のコメントをクリックください。
[PR]
# by yacchany | 2008-07-17 12:56
夏はこれ アッパッパー
a0082178_12522232.jpg

コマーシャルNO5
 
今回の商品は「木綿橋」発
広島の方の奥さんから「アッパーパー」の問い合わせあり。
急遽、選択してお店の籐のついたてにかけてパチリ。

商品名「アッパッパー」(何語かわからない、誰が名づけたのかもわからない、語源は不明でも、なにか、意味は通る感じ。

左   落ち着いた花柄 綿100 うしろはファスナー仕上げ 製造者 木綿橋オリジナル
真中 今時の黒っぽさ 綿100 うしろはファスナー仕上げ 製造者  ポプリ企画
右   少しチェック模様 綿100 うしろはボタン仕上げ  製造者  木綿橋オリジナル

価格  お値段は 左 ¥13440  真中 ¥10290  右 ¥12390  です。

コメント 夏は綿か麻の自然素材が最適、
     写真ではどうも、という場合、何点か宅配して、お気に入りを選んでいただき、残りは同     じ箱に入れて送っていただければ。
[PR]
# by yacchany | 2008-07-17 12:52
アブノーマル?
a0082178_13211298.jpg

コマーシャルは疲れる。ちょっと一休みしなくてはならない。

しかし、昨日の夜、2008/07/05の人は凄かった。アブノーマルだ。
異常に多くの人出だった。最盛期の元旦朝市を髣髴とさせた。

中心部でいろんなイベントがあった所為であろうか、
本通の七夕はいつも、多くの子供連れで、皆さんで賑わうけれど、ちょっと異常なほどであった。何故だ。不思議だ。

石油に端を発した異常な高騰。
一昨日夜の異常な豪雨にも感じる温暖化現象の異常さ。

ところが、この異常も慣れてしまえば、異常に気づかなくなる、というこのことが一番異常か。
しかし、これまた、考えようか。

人類はこうありたい、人間はこうありたい、有史以来思ってきたのだろうが、
戦うことが当たり前。戦争するのが当たり前。飢餓が当たり前。
そんな時代も山ほどあったに違いない。

そんな当たり前尺度からいくと、平和な時代が異常なのだ、と。
よく言われることは、地球上で10年戦争のない時代があったことはないのです、と。
人間だけ特別じゃーありゃーしません。
それもそうか。何が正常で、何が異常か、ちょっとわからない時代に入ってしまったようだ。

お堅いことは洞爺湖にお集まりのみなさんにおまかせして、
僕は毎年、七夕まつりで、ひそかに、楽しみがある。

以前は、笹を園に配る係りの時は、園の先生と話すのが好きでしょうがない○○君などが、うらやましかったのだが、今は違う。

たくさんの子供さんに、風船を配る係りなのだ。
受付の前に親子何百組が並んでいる。
「はい、お次の方どうぞ。僕、何色の風船にする?」と子供に聞くのが楽しい。
「赤ー。」と答える男の子。「ほー、男の子は青じゃーないん?」とちょっぴりからかうのが好きなのである。
親御さんの態度も面白い。「何色にする?」と聞いても、ジーと考える子、
その時、「はよーしなさい。」という母親もいれば、ジーと返事を待つ親もいる。
姉と絶対に違う色を主張する子。
こっちが「はい、この色は?」と言っても「うん」と言わない子供。

いろいろ。子供はどんな子供でも罪がない。楽しい。
宮本委員長さんが「木村さん、時間がないのと、もう、色数がないので、いちいち、子供に聞かないでください。」汗を拭いながら、必死で叫んでいる。
でも、最後まで、1人ひとり聞いてやった。面白かった風船配り。今年の七夕も終わった。
9時半から、引き続いて「夏まつり」の話。
A君が噛み付いていたが、いいようにいけばいいが。

疲れた時は図書館へいって、涼しくゆっくりするのが、日課だ。
今日は、外でワイワイやってた。静かでなかった。

みんな、それぞれ、大変だ。 アブノーマル?ノーノー、ノーマルですよ。
長い話もノーマルよ。
[PR]
# by yacchany | 2008-07-06 13:21
ねぶってみた?
a0082178_1863515.jpgf

こまーしゃる 004 by 木綿橋

003の世界の名品「パーソナルチェアー¥480.000」の次は「備後の名品262円也」

商品名と原産地 および、ソムリエの評論。
           
■ 「いちご飴」---ちょいと小話
   備後絣は江戸末期、芦田町発の全国区、その新市芦田町の現代の名品
   それが、「イチゴ」や「アスパラガス」なのであります。
   その中のイチゴで作った飴  
○ソムリエ評論 「あのストロベリーフィールドで遊んだ日々、懐かしくも甘酸っぱい経験の味」   何?それって。

■ 「ぶどう飴」---ちょいと小話
   南の沼隈町は50年代から本格的「ぶどう」の産地。瀬戸内の太陽ときれいな水と空気が    深みのある甘さを作ったのだ。
○ ソムリエ評論 「麦わら帽についた紫がかった真っ赤なリボン、振り向いた笑顔、そんな味」  何?それって。
   
■ 「あんず飴」---ちょいと小話
   といえば、田尻町、300年前、円明寺の和尚さんが種付け。いまや、全国的にも「広島大    杏」と呼ばれている名品。
○ ソムリエ評論 「うす桃色の田尻あんずほどかわいい花はない。」 と布施明に歌わせたい  味。 何?それって。

■ 「すもも飴」---ちょいと小話
   くわい、青大きゅうり、あんずと並ぶ福山の名品。
   引野町で近年栽培され、ことのほか、ウエットで濃厚な甘酸っぱさ。
○ソムリエ評論 「あなたは甘酸っぱい香りがわかりますか。そんな味」
   何、それって。

■ 「本陣、醤油飴」---ちょいと小話
   神辺本陣発、極上しょうゆでつくられておるのです。ご賞味あれ。
○ソムリエ評論 「ある大名が、参勤交代で、本陣へとまり、余は疲れた。なにか、甘いものをも   ってまいれ、と家来に申しつけたところ、この甘味と辛味とうま味のブレンドされた醤油飴が   大のお気に入りとなり、以後、その大名は 神辺に泊まることが楽しみになった、とか。 
   何、それってほんと?

■ 「そば粉飴」---ちょいと小話
   駅家発、自然食の代表各。栄養、強壮、全てにOK.
○ ソムリエ評論 「大地の恵みを味にしたら、こんな味になるでしょう。」
   何、それって、ほっぽろくささ?

お値段 一袋¥262-

 Q1 262円の商品にしては、効能書きが多すぎるねー。
 A1 いえ、これは、中島商店の若旦那が小話に書いているものを、 ソムリエYがアレンジして    お伝えしたものです。あしからず。

 Q2 ソムリエY って誰?
 A2 まあまあ、そのへんで、ご勘弁ください。
           
             
[PR]
# by yacchany | 2008-07-05 18:06